バイリンガルに育てたい?

|


前回、サンスクリット語まではいかなくとも、他言語を乳幼児期に聞かせることが、バイリンガルへの近道(裏技?)であると書きましたが、今回は、どのように聞かせればよいのか、または、どうしたらダメなのかを紹介します。




子どもは、その家庭で頻繁に話される母国語をまず習得する傾向があり(当たり前のことですが・・・)、そして、母国語(の周波数)を習得するのと同時に、母国語以外の言語に対する感受性/周波数が徐々に失われていきます。
その臨界が、だいたい2歳であるということは、前回書いた通りです。

すなわち、0歳、1歳の時代にその感受性の減少を食い止めるべく他の言語をたくさん聞かせることが、実はバイリンガル教育には有効であるというのが最近の定説。


では、2歳までに何をすればいいのでしょうか?





外国語で話しかける?

英会話スクール?

CDやDVDを毎日見せる?





巷にあふれる情報の中で漂流するママたちに、以下、ワシントン大学のクール(Patricia k. Kuhl)らが行った、赤ちゃんに関する実験を紹介します。(*)



*************











●実験1
・1歳未満の赤ちゃん32人を、2つのグループに分ける。全員英語が母語。
・4週間にわたり、赤ちゃんたちに絵本やカード、人形などを使うセッション(言語のレッスン)を行う。話すのは大人です。
・ セッションで使う言語:グループAは英語、グループBは中国語。

●結果1
4週間後、赤ちゃんたちに英語にはない中国語の(周波数の)音を聞き取れるかどうかをテストしたところ、グループBの赤ちゃんたちは、Aの赤ちゃんたちと比べ、その成績が格段に良かったという結果。そのレベルは、中国語ネイティブの赤ちゃんと同じ。
(その聞き取り能力は、しばらく続くこともわかった。)


赤ちゃんの脳は、本当にスポンジのようですね。






続いて、次の実験。






●実験2 
次に、言語のセッションを人間がやるのではなく(対人ではなく)、DVDや音のみ(CD)で行ってみる。
内容と期間は同じ。グループAは英語のみ、グループBは中国語。

●結果
聞き分けテストの結果、グループAとグループBは同じ成績。
実験1と同様、グループBの赤ちゃんたちは、4週間にわたり中国語に触れましたが、音を聞き分ける能力は結局つきませんでした。


*******************


いかがでしょう。

やわらかい赤ちゃんの脳に他言語のシナプスを植えつけることは、短期間であってもとても有効であることが、一目瞭然。

しかし、この実験結果に従うと、導入方法が重要、すなわち、学習効果についてはCDなどの「音」をただ流すだけでは、ほぼ無いに等しいということがわかります。




音声や映像がダメということではないと思いますが、やはり、実際の人間の会話を通しての動機づけが、習得の手がかりであることは、間違いなさそうですね。



聞くには「listen」 と 「hear」と2種類ありますが、前者が耳を集中させて理解するという意味であるのに対し、後者は音が聞こえている状態のイメージ。
(ちなみに、英語のテストはlistening test といいますが、hearing test とは聴覚テストを指します。)

分かりやすく言うと、人間が相手だと赤ちゃんの反応はlisten 、CDなどが相手の場合 hear ということなのでしょうね。












バイリンガルに育てたいならば、対話を大切にしていくことがキーとなりそうです。



ベビーシッティング コーディネーター とみた



*この実験はあくまで2歳までの短期的な外国語への接触と効果を見たものなので、実際その効果がどれくらい続くか、その後の子どもの外国語習得にどのように影響するのか、などについては諸説あり。ただ、どの説についても当たり前ですが、「有益である」はあっても、「弊害あり」という結論はなさそうです。また2歳までの外国語教育と、それ以降の外国語教育はまったく別物なので、またそれについては別述で・・。


出典:
Kuhl, Tsao & Liu (2003) Foreign-language experience in infancy: Effects of short-term exposure and social interaction on phonetic learning. Proceedings of the National Academy of Sciences, 100(15), 9096-9101.

駅名

|

大阪にはなかなか魅力的な駅名があります。

・喜連瓜破(きれうりわり)
大阪を代表する、読めない書けない駅名。

・野江内代(のえうちんだい)
女性の名前ではありません。

・放出(はなてん)
大阪の人にとっては、「ハナテン中古車センター~♪」のCMで有名。

・西中島南方(にしなかじまみなみかた)
西のほうなのか、中のほうなのか、南のほうなのか…。

・松屋町(まっちゃまち)
正式名称は「まっちゃまち」なのか「まつやまち」なのかよく分かりません。

大阪人にはいずれも馴染みのある駅名です。
私も先日大阪に帰省したときに、
いくつかの不思議な駅名を見てちょっととりつかれました。


でもよく見ると、大阪の駅名はなかなか愛嬌がありますので、
皆さんも大阪に遊びに行くときはおもしろい駅名をいろいろ探してみてください。

ちなみにシェヴのオフィスの近くに、「墓地下」というバス停があります。
「墓地の下…?土の中…?」
これが意外と、降りる方は多いようです(笑)

Coordinator Kunieda

英語の上達法~裏技

|


昔、大学の授業でサンスクリット語を学びました。

サンスクリット(Sanskirt)とは、「完成されたもの」「純正な言語」の意で、インド・ヨーロッパ語族の古語です。宗教・学術・文学・政治等の分野で古代から中世にかけて公用語的役割を果たした言語で、現存する言語の中で最も古く、また最も美しい言語として知られています。

2000年の英知を求め、日常的に使われることはないものの、現在もなお世界中でその文法・語彙は様々な人に学ばれ受け継がれています。日本では梵語とも言われ、仏教経典や真言・陀羅尼を記述する言語として知られていますね。



はてなぜ、サンスクリット?

なかなか耳にする言語ではないので、ぴんと来ない方も多いかと思いますが、その不思議、かつ心地よいきれいな音素の連続は、モーツァルトもびっくり、思わず誰もがうっとりの名音域です。
例えば、日本語の母音数は「あいうえお」5個に対し、サンスクリットは14個。
子音の数は14個に対し、33個。
サンスクリットはそれらの字母に加え、気音や歯擦音、特別鼻音も加わります。
音素の数え方は研究者によってまちまちではあるものの、サンスクリットの複雑な音は、まさに「神の言語」と呼ばれるにふさわしい格調ある響きの連続です。

ちなみに、サンスクリットのような(英語もそうですね)子音で終わる息を出す音が多い言語は、声の振動に差が現れ、それが周波数(音域)の差となって現れます。
例えば、日本語の音域が125~~1,500Hzに対し、英語(英)は2,000~12,000Hz。
ロシア語は125~8,000Hz。世界には多くの言語が存在しますが、つまり、日本語は実は世界でも最も低い周波数帯を持つ言語といわれているのに対し、英語やサンスクリットを含むインド・ヨーロッパ語族の多くの言語は最も高い周波数帯を持つ言語なのです。


ところで、この周波数の話、人にはそれぞれ処理できる周波数帯が決まっていることをご存知ですか?

人間の耳がもともと聞き取れる周波数は下が16~、上は2万Hz(ちなみに犬は15~5万。イルカは150~10万Hz)。 地球上のどの国どの人種でも、実は最初は基本みな同じ能力を持って生まれます。
しかしその後、人間の言語野の細胞(言語としての認識を掌る細胞)は幼少期の過ごし方、主に2歳までに頻繁に耳にする言語の周波数帯にあわせて作られ固定化されます。そして、固定化された細胞以外は「不要なもの」として消滅してしまうのです(そして、消滅した細胞が復活することは基本ありません)。

人間がどんなにがんばっても、イルカやコウモリの声が認識できないのと同様、つまり、私たちの脳は範疇の周波数以上、または以下の音が聞こえると、通常は言語ではなく、言語以外の普通の「音」として認識するようにできてしまっているのです。

日本人は他言語、特に高い周波数帯をもつ言語の習得が困難といわれています。
たとえば、日本人にとって"Lice"と"rice"の識別が難しいのも、この周波数の問題が故。
しかし今日では、幼少期に印欧語族言語、すなわち、英語、フランス語、ラテン語、ロシア語等の高い周波数帯を持つ言語を繰り返し聞かせることで、言語野にその域のネットワークを創生させることができるのではないかと考えられています。

英語習得に近道はないとは言われますが、或いは、サンスクリット語などを子守唄代わりにしてみるのも妙案かも?


ベビーシッティング コーディネーター とみた

4年に一度

|

4年に一度のオリンピック。
4年という長い年月をかけて、たゆまぬ努力をし、
限られた切符を勝ち取ったわずかなアスリートだけが、その舞台に立つことができます。
その舞台に立つことができた者も、オリンピックという舞台でパフォーマンスを披露できるのはほんのわずかな時間だけ。
その一瞬のためにアスリートは4年間を費やしてきた、とも言えるわけです。
長く険しい道のりを乗り越えて、その先にある運命。そしてそこにあるアスリートの姿や感情、ドラマといったものは、観る者を熱くさせます。

1週間に一度のハウスキーピング。
初回のサービスを通じ、所定のスケジュールでの訪問が認められたハウキーパーさんは、
これまで培ってきた家事の経験やノウハウを、
3時間とか4時間とか限られた時間の中で発揮しなければなりません。
訪問する度に変化するお部屋の環境にも柔軟に対応しなければなりません。
最近では暑さとも戦わなければならず、
汗水流してはお風呂掃除や掃除機掛けをする姿には頭が下がります。
そしてその中で、お客様に喜んでもらえれば、
そのハウキーパーさんにはシェヴから金メダルをあげたいところです。
ときにはいい結果が残せない場面もありますが、
そのときには次回出場の際にぜひリベンジを果たしてほしいと、旗を振って応援してあげたいところです。


熱いオリンピックはもう間もなく閉会してしまいますが、
シェヴの熱いハウスキーピングはまだまだ続きます。

Coordinator Kunieda

 

© 2009 Chez Vous Co., Ltd. All Rights Reserved