ピグマリオン効果

|

その昔、ギリシャのキプロス島に、ピグマリオンという王がいました。
王は象牙で刻んだ美しい女神像に恋をし、像を生きた女性に変え、妻にしたいと熱烈に祈りました。愛の女神アフロディーテは、そんな王の熱心な願いを聞き入れ、その像に生命を吹き込み、王に妻を与えました。二人はその後、幸せに暮らしました。

こんなギリシャ神話に由来する「ピグマリオン効果」(注1)という心理学用語は、最近の教育業界ではすっかり定番となりました。「願うことによって叶えられる」という意味のピグマリオン効果、例えば、子育てにも同じですね。


先日『アイ・アム・サム』という映画を観ました。
知的障害を持つ父・サム(ショーン・ペン)と、幼い娘ルーシ(ダコタ・ファニング)の純粋な親子愛を描いた作品です。
サムは7歳の知能しかないパパ。二人は幸せに暮らしていましたが、7歳になるルーシーは、ある時サムの知的能力を越えてしまします。養育能力がないという判断を下されたサムは、ルーシーから引き離され、ルーシーは里親のもとへ。サムは失意に苛まれ、それでも、温かく協力的な仲間に支えられながら、愛するルーシーのために立派に親の役目を果たそうと努力をするというお話。

サムは、ルーシーに勉強を教える場面で、
「パパは嬉しいんだよ。ルーシーがこの本を読めることが、パパはとても嬉しいんだよ」
と励まします。

自信をなくして、力を落としている場面では、
「君は立派さ。そうとも、充分すぎるくらい立派だよ」と。

法廷で親権を争う場面で、親の条件について聞かれると、
「放り出さず耐えること。我慢強く子供の話を聞くこと。耐えられなくなったら聞いているフリをすること。そして、子供を愛すること。」

サムとルーシーのやり取りをみて、親子のあり方、まっすぐに愛することの大切さを、改めて感じました。
十分に褒めること、そして、子どもの素直な成長を願うことが、親の何よりの資質なのではないかと。

大人でもほめられるのは嬉しいことですね。
ましてや子どもは大好きな親からほめらて嬉しくないはずがありません。
子どものやる気を引き出すために大切なことは、まずは期待をすること、そして、ほめること!


この夏休み、子どものいい面をたくさん見つけて毎日ほめてみませんか。



(注1)
ビグマリオン効果とは、教育心理学における心理的行動の一つで、教師の期待によって学習者の成績が向上するというもの。別名、教師期待効果。1960年代にアメリカの教育心理学者ロバート・ローゼンタールによって実験・提唱された報告です。その方法はある小学校で「学習能力予測テスト」と名づけた検査テスト行い(行ったようにみせかけ)、教師には今後数ヶ月の間に成績が伸びてくる学習者を割り出すための検査であると説明します。そして、実際には検査とはまったく関係なく無作為に選ばれた児童の名簿を教師に見せて、この名簿に記載されている児童が「今後数ヶ月の間に成績が伸びる子供達だ」と伝えます。その後、教師が子供達の成績が向上するという期待を込めてその児童達を教えていると、成績が確かに向上したというもの。報告論文の主旨はつまり、教師の側がある予見や期待を持つことによって、子どもたちも期待されていることを意識し、それが成績向上に結びつくというもの。「人間は期待されると成果を出す傾向がある」と主張され、その後、「ピグマリオン効果」という説として知れ渡りました。


ベビーシッティング コーディネーター とみた

バスの悩み

|

近頃、馴染みのない場所に行くときでも、インターネットができれば目的地に無事にたどり着くことができます。
これは地図や路線情報を簡単に調べることができるからです。
我々も、お客様のところに初めて訪問するとき、お客様にいただいた住所の情報をもとに、インターネットで事前に確認をしてから向かうようにしています。
電車で移動して最寄駅から歩いて目的地を目指すときは、この方法で道のりは十分把握できます。
ただ目的地の場所によっては、電車と徒歩だけではなく、バスの利用を検討する場合があります。
もっとも自分1人で向かう分には、多少駅から時間をかけて歩くのはさほど不都合はないですが、スタッフの方と一緒に向かう際や、今後スタッフの方に1人で向かっていただくことになる場合には、バスの利用を含めたその移動ルートについて慎重に検討しています。
やはりスタッフの方にとっては、現場でのサービスに注力してほしいと思いますので、移動にかかる負担はできるだけ抑えたいと思いますので、最適なルートを考えています。
ところが、そのバスの利用を検討する際に、バスのルートやバス停の場所、バス停の名前、所要時間などバスの情報の収集が、インターネットで調べても難しい場合があります。
所定のアプリケーションで電車の路線や地図の情報はすごく分かりやすいのですが、バスのことになると、目的地付近のバス停の名前は何なのか、乗り場から目的地まで所要時間はどのくらいなのか、どのルートの路線に乗るのが適切か、非常に時間がかかります。
バス会社によっては比較的把握しやすいサービスやアプリケーションを用意していることがありますが、それでも電車のルートに比べるとまだまだ手間がかかります。


バスのサービス自体には満足しているのですが、もう少しバスに関する情報を得やすいようなプラットフォームができればなと思います。
このようなものがあれば、僅かながらもシェヴのサービスの向上に結びつくので、どちら様かご検討をいただきたいところです。

Coordinator Kunieda

子どもたちのかわいい一言

|

今年は空梅雨なのでしょうか。
予想より雨が少ないような気がしますね。
とはいっても、ジメジメ、どんよりの空模様が続く毎日・・・
なんとなーく、眠いような・・・

今日はそんなどんより眠たいみなさんも思わず笑顔になれるような、かわいいエピソードを紹介しちゃいます♪

普段ご活躍いただいているベビーシッターさんたちからいただいた、シッティング中を中心とした子どもたちのかわいくも温かい言葉たちです。



幼稚園からの帰路。
日焼け対策に帽子を深くかぶりフェイスマスクをつけている女性を見つけ・・・
「大変!!あそこに泥棒がいる!」
(3歳boy)


週1でシッティングにお伺いするおうちへ、今週もご訪問。
玄関でシッターがドアをあけると・・
子&ママ「おかえり~♪」
帰るときも、もちろん
子&ママ「いってらっしゃぁ~い!」
(2歳boy)


幼稚園からの帰り「幼稚園で体操服がなくなっちゃったの」と泣き泣き。
先生からも
「すみません、クラス中の子ども達の体操着袋の中も一人一人確認してみたのですが・・・申し訳ありません」と。
おうちに戻りお着替えをさせると、制服の下に体操服が・・・。
(4歳girl)


お散歩中。
急に真剣な顔つきになり
「ちょっと!!ついて来ないで!!」
と、走り出した子〇〇ちゃん。
何かと思ったら、それ、自分の影よ。
(2歳girl)


テレビでカエルが泳いでいる映像を見て
「カエルさん、お風呂に入ってるの?」
(2歳girl)


初めてご訪問するおたく。3歳のかわいいぼくちゃんと初対面。
子「下の名前、なぁに?」
シッター(50代)「めぐみ。めぐちゃん、と呼んで下さいね。」
子「ごめん。それは出来ない。呼べないよ。」
(3歳boy)


幼稚園へお迎え。
青い空の中に白い半月お月様が。
「あれ、なあに?」
「なんだろうね…お月様が間違えて出てきちゃったのかな…」
「ほんとだー!」
バスを乗り継ぎおうちへ向かう・・・
「お月様、わたしたちのあとをついてきているね」
(4歳girl)


久しぶりにシッティングに行くおうち。
お子様、少し話せるようになってきたので、質問。
「大きくなったね~!何歳になったのかな?」
「いま6月。」
(2歳boy)


スーパーにて。
「すみましぇん。牛乳、いっぴきくだしゃい。」
(3歳boy)


ごはん中に口の中をちょっと切った様子。
「チガが出た!」 (←血)
(3歳boy)


お外遊び中・・・
「カニに刺された!!」 (←蚊)
(3歳boy)


幼稚園からおうちまでの帰路で、大きなはっぱが落ちていて・・
シッター「あっ!」
子「もしかして・・」
シッター「てんぐの・・」
子「うちわぁ~??」
(5歳boy)


子「いま、なんじ?」
シッター「10時よ。」
子「なんで?」
(3歳boy)


「あのね、〇〇さん、知ってる?うちのお父さんのおなかにはあかちゃんがいるんだよ。」
(3歳boy)


盲人用押しボタンの信号を見て・・・
「なんでボタンがあるの?」
「目が見えない人用なのよ。」
「押すと見えるようになるの?」
(4歳boy)


朝、お父様を元気に「いってらっしゃーい!!!」とお見送りした後にぼそっと
「パパは何幼稚園なのかなぁ・・」
(3歳boy)


週一回ハウスキーピングもご利用いただいているおうち。
お手洗いで三角に折ったトイレットペーパーを見つけ、
「大変!!トイレに、さんかくがある!!!!!」
(3歳boy)


なかなかお昼寝をしてくれない元気な3歳君。
隣で寝たふりをして一生懸命寝かしつけをするシッター。
子「〇〇しゃん??」(←シッターを呼ぶ)
シ「zzzzz・・・・。(寝たふり)」
子「〇〇しゃん?寝たの?」
シ「zzzzz・・・・。」
子「ほんとに寝ているの???」
シ「zzzzz・・・・。」
子「好きだよ。(ほっぺにチュ!)」
(3歳boy)



子に過ぎたる宝なし!ですね。


「励ましてあげれば子どもは自信を持つようになる」で有名な『子どもが育つ魔法の言葉』 
(ドロシー・ロー・ノルト、PHP研究所、2010年)は22ヶ国語にも翻訳されたミリオンセラー。

子どもたちの言葉に日々励まされているのは、実は大人たちのほうかしら・・・??



ベビーシッティング コーディネーター とみた

 

© 2009 Chez Vous Co., Ltd. All Rights Reserved