波乗りベビー

|


タッチスクリーン型の携帯機器が広く一般家庭に浸透して久しい今日、皆さんはiPhoneやiPadなどの情報端末の是非についてどのように思われますか?

昔は長時間のテレビは禁止事項のひとつとして親から口うるさくしつけられていましたが、最近の子どもたちを取り巻く環境は異なるようです。



教育現場への活用も見込まれる、便利な「教育グッズ」。

子どもたちの行動や発達に対するそれら携帯機器の影響を研究する多くの学者は、「iPhone やiPadなどの機器はテレビとは異なる影響を及ぼす」としています。
例えば、テレビは受動的な視聴の体制を取るのに対し、iPad等は能動的に情報を検索、または取得することなど。

児童心理学で有名なアンダーソン氏(Daniel R. Anderson, Professor Emeritus of Psychology. University of Massachusetts)は、「小さな子どもたちは1時間に150回、テレビ画面から目をそらす、・・・また画面を見つめる子どもたちの視線は定まらない。一方、よくできたiPadのアプリは、より視線を引きつける。子どもが触る場所とアクションが起こる場所が多くの場合同じだからである」と指摘しています。(What Happens When Toddlers Zone Out With an iPad. The Wall Street Journal. 2012/5/22)

是と出るか、非と出るか・・・。

携帯機器の特徴が子どもたちの言語能力向上に一役買うことができると期待する研究もあります。米教育省によると、iPodの児童向け教育アプリ「Martha Speaks」を2週間使用した3~7歳の子どもたちの語彙力は最大で31%で伸びた、と発表。(CNET review by Donald Bell, 2010/6/3)

一方で、それら携帯機器は子どもの発達に悪影響を及ぼすという意見も後を絶ちません。
「電子機器の使用頻度が高い子どもほど、感情を読むことが苦手」と指摘する研究や、情報の氾濫は「共感や同情を感じる共感スイッチの発達に悪影響を与える」という指摘も。
(Neural Correlates of Admiration and Compassion” the Brain and Creativity Institute at USC College, http://news.usc.edu/#!/article/29206/Nobler-Instincts-Take-Time)

上記の研究者Antonio Damasio氏らによると、共感という感情は、「恐怖」や「怒り」と同様、大脳の深い部分/脳幹に根ざしたもの。
この領域は生き物としての活動を統御する大事な部分とのこと。



情報技術革新の波に乗る、子どもたちの若い脳。

皆さんはどう思われますか?


ベビーシッティング コーディネーター とみた

日食より大事なもの

|

金環日食に沸いた21日(月)の早朝。
何百年ぶりの天体ショーという話を聞いていたので、これはいとめずらしと、
私も当日少しだけ早起きして日食の観察に備えました。
ただどうやら肉眼で日食を観察してはならず、
専用のメガネを装着しないといけないそうで、
私はそこまで張り切って準備はしておらず、
お家でテレビの中継で見ることにしました。
そしたら各局揃いも揃って日食の中継一色。
時間になると、カウントダウンをしながらゲストやレポーター、
ギャラリーの人が「わー」とか「きゃー」とか叫んでいます。
どのチャンネルにしても、
白い光の円に、一回り小さな黒い円が覆いかぶさっているという画が映り出されてます。
テレビの中では、世紀の瞬間に興奮して視聴者に伝えている様子なのですが、
テレビでの中継を見ていると、逆に興奮が冷めてしまいました。
やはり実際自分の目で見ていないのと、画的に味気ないというのと、
どのチャンネルにしても同じようなアプローチをしているのが、
イマイチ物足りなさを感じた原因でしょうか。


しかしこの時間、とある民放放送局さんだけは日食ではなくアニメを放映していたようで、
この姿勢にはSNSユーザーからも高い支持があったようです。
確かに選挙とか災害とか大きな事件とか、各局がその報道一色のときも、
こちらの局は独自路線を貫いているときがあります。
かといってその番組を見るわけでもないのですが、ブレない姿勢というのは共感をもてます。
近年テレビ離れが加速していますし、ピンとこない番組が多い中、
しっかりとしたポリシーを持つことは、支持する人のハートをキャッチします。

この姿勢は、自分の仕事においても、我が社としても見習うべき部分がありそうです。

Coordinator Kunieda

ミラー効果

|

ミラー効果

ある友人が教えてくれた。不理屈に面食らい怒りがこみ上げそうになったら、まず鏡を見て口角をあげろ。自然とうまく行くものだ。


ベビーシッターの新人研修では、とにかく満面の笑みを絶やさないこと、と指導している。

子どものころ、私にとっての恐怖は、暗い場所でもなければ、父でも雷でもなかった。運動会や文化祭に時々現れる無表情なピエロ。木造校舎の理科室の暗がりにいる動くはずのない標本を思わせる、その不自然なくらい完璧な無表情に背筋が毎度凍ったものだ。目が合うと脈拍も凍る。


そもそも、無表情とコミュニケーションは共存するのか。


チンパンジーと違い人間の子どもは、他者の顔の表情を見ながら人の行為を理解し学んでいくという。例えば、女性がペットボトルに入ったジュースをコップに注ぐという動作に対する視線の動きを調べると、チンパンジーの視線はペットボトルなどの「もの」に集中するのに対し、人間の子どもの視線の先は女性の顔だという。京都大の明和准教授(発達科学)は、「赤ちゃんは顔を一生懸命見て、心の状態を読み取ろうとする。・・・顔色を見ながら学ぶ能力は、人とチンパンジーが進化の道を分けた後に、人が独自に獲得した可能性がある」としている。(東京新聞 2012年2月22日)




アメリカの心理学者アルバート・メラビアンは、人間のコミュニケーションにおいて、話し手が聴き手に与える印象の大きさは『言語情報:7%, 視覚情報:55%, 聴覚情報:38%』の割合だという(『メラビアンの法則』)。

中国の家電メーカー「ハイアール」のコールセンターでは、電話の横にそれぞれが鏡を置いて対応をしている。お客様とのコミュニケーションでは「笑顔」を確認しながらの応対が全社をあげてのモットー。秋田県羽後町JAに設置された農家の女性たちによる「ふるさとコールセンター」でも、鏡で笑顔を確認しながら行う「おいしい米の炊き方」説明が好評を得、販売数を飛躍的に伸ばしたという。


「ミラー効果」とは心理学の世界で「同調効果」とも言われ、人は他社の言動や表情に知らず知らずの間に同調するというもの。要は、目の前にいる人が楽しそうであれば、自分も楽しい気持ちになるということ。



私も今日から机に鏡を置いて仕事をしてみようかな・・・


ベビーシッティング コーディネーター とみた

コアラを抱っこ

|

連休の力を借りてオーストラリアに行ってきました。
オーストラリアと言えば、やはりコアラ。
ということで、コアラを抱っこできるというとある動物園に向かいました。

しかし現地に向かうまでの間にガイドの方から、
「現在、コアラを抱っこできる場所は数少ない。しかもコアラを抱っこして記念撮影をしたらすぐ終わり」と説明を受けました。
やはり人間との触れ合いにコアラもストレスを感じるそうで、
コアラに対する配慮は最大限行わなければならないとのことです。

その後現地に到着してコアラとご対面。
想像していたより小さくおとなしめの様子です。
写真撮影の番が来て、コアラを飼育員の方から渡され抱きかかえると、
胸のあたりにしがみつき心地よい重みとぬくもりを感じました。
そして撮影後の写真を見てみると、
そのコアラは見事にカメラ目線を決めていて、
本当にいい写真に仕上がりました。

ちょうどその日インターネットでニュースを見ていると、
「コアラが初めて絶滅危惧種に」といったタイトルの記事を発見。
なんでも、生息地の減少や病気の流行などにより、個体数が大幅に減少しているそうです。
なので、ガイドさんが言っていたように、触れ合える機会というのも今後大幅に減少していく見込みのようです。

写真をあらためて見ると、カメラのほうを見つめるつぶらな瞳の奥には、
何かを訴えたい気持ちがにじんでいるように思えてきます。


今回はコアラに触れ合える貴重な体験をしましたが、
今後はなかなかそのような機会は訪れないかもしれません。
はじめは「コアラを抱っこしたい」という単純な考えだけしかありませんでしたが、
今回の体験を通じて、今後どのようにコアラと私たちが向かい合っていくべきかを考えさせられるいいきっかけともなりました。

Coordinator Kunieda

 

© 2009 Chez Vous Co., Ltd. All Rights Reserved