女性に対する接し方

|

なでしこジャパンが、サッカーのW杯で見事優勝しました。

決勝戦ではずっと不利な状況だったにも関わらず、
澤選手を中心に諦めない姿勢でアメリカに食らいつき、
最後はPK戦で大逆転勝ちをおさめ世界を驚かせました。

そのなでしこジャパンを率いたのが佐々木監督。
世界一になった乙女たちを彼はどのように育ててきたのか…。

彼は選手に対して「上から目線ではなく、横から目線」を持って接するように心がけていたそうです。
女性とは言えアスリートに対して、
指導者という立場にいる人は、なかなかこのような視点を持てないのではないでしょうか。

世界一の決着をつけるPK戦の前に、
彼はなでしこを笑顔で向えていて、その表情が非常に印象的でした。
ここでがんばれば世界一という場面で、
強張った表情のアメリカチームに対して、
日本の選手は監督に和まされ、みんなリラックスした表情を浮かべ、
重圧のかかるPK戦に備えていました。
これもまさに彼の人柄や、
なでしこに対して「横から目線」で接するポリシーからきたものでしょう。

またチームへのインタビューや、普段の練習の映像を見ていても、
選手と監督とのやり取りには親近感があり、
それでいて信頼関係のうえに成り立っている感じが見て取れます。


私もコーディネーターという立場上、
女性と接する機会が非常に多いわけですが、
彼となでしことの間の信頼関係は非常に参考になりました。
私も優秀な女性のハウスキーパーに
いかに気持ちよくお仕事をしてもらうか、
彼を見習ってこれからもいろいろ工夫していきたいと思います。

コーディネーター Kunieda

 

© 2009 Chez Vous Co., Ltd. All Rights Reserved